読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

町田市ローカルヒーロープロジェクト

東京都町田市を舞台にしたローカルヒーロー『超伝神トライブレイバー』の制作プロジェクトのブログです!

忠生公園へ!!

外でヒーロー制作中!!

ついでに舞台の下見!!

 はい!! ご存知、町田市ローカルヒーロープロジェクト窓井来足(まどいきたる)です!!

 知らないって人は……まあ無理に覚えなくっても気がついたら覚えてしまうはずなんで、大丈夫です!!

 

 で、早速ですが。

 今日は町田市忠生にある忠生公園にヒーローの制作に行ってきました!!

 

f:id:tribraver:20170424194926j:plain

こんなところですよ。

 

 ま、制作っていってもアイディアをまとめたりしていただけといっちゃったらそれだけなんですが。

 家の中でこもってやるより、外で考えた方が、地元のパワーが注入されて、ローカルヒーローっぽいかなぁって。

 

 ちなみに、うちの団体では町田市の持つパワー〉あるいは〈町田を想う心〉を〈マチダマシイと呼んでいます!! 

 勿論、町田の魂でもあり街の魂でもあるというダブルミーニングです!!

 

 で、今回は。

 この公園が、特撮のような実写作品において実に舞台に向いているかという紹介をしようかと。

 

f:id:tribraver:20170424195355j:plain

 

 まず、この公園のここなんですが。

 高低差があるでしょう?

 

 こういったところは演出上、「強者と弱者」が描きやすいってのがポイントで。

 よくある展開が「下の広場に苦戦してうずくまったり倒れたヒーローがいて、段差の上に強敵がいる」っていう感じですかね?

 

 また、目立つ構造物があるのもポイントですね!!

 

f:id:tribraver:20170424195452j:plain

 

 この部分とか、怪人とヒーローがアクションしている際に一度、登場人物が柱に隠れるので表現として使えるんですよね。

 

 あと、柱といえば。

 

f:id:tribraver:20170424195546j:plain

 

 広場に立っている柱なんてかなり使えそうで。捕らえられたヒーローやその仲間がこの柱に拘束されるシーンとか……いろいろ考えられます。

 

 まあ、なんかヒーローが苦戦する場面ばっかりですが。

 逆境から逆転してこそのヒーローですからね!!

 

f:id:tribraver:20170424195723j:plain

 

 あと、逆に日常シーンを描きやすい、花壇とか遊具のある広場もあるから。

 この点でも使い易いなぁ……って思っています。

 

 って、感じで。

 ヒーロー制作から見た、忠生公園でした!!

 

 さて、次回はどこに行こうかな……

 

☆応援してくださる方、ブックマークしてくれたり、友人にこのブログを紹介していただけるととっても助かります!!☆