超伝神トライブレイバー制作プロジェクト

東京都町田市を舞台にしたローカルヒーロー『超伝神トライブレイバー』の制作プロジェクトのブログです!

1月から2月中旬までの活動報告!!

色々顔は出しています!! 一応

あくまで私的に……ですが

 

 どうも! トライブレイバー制作プロジェクトの窓井来足(まどいきたる)です!!

 

 このプロジェクトで制作している『トライブレイバー』。

 元はローカルヒーローという目的で制作していましたが。

 

 所謂、町おこしなどが目的の作品ではないため。

 現在は東京都町田市を舞台にしたヒーロー作品」というコンセプトで制作しています……が。

 

 だからといって、地元で活動しないわけではなく。

 いくつかのイベントに、制作者が私的にですが行っていました!!

 

 では、その紹介を。

 

f:id:tribraver:20180217113457j:plain

 まず、1月13日にはまちだ中央公民館での『カメラマンが見たロヒンギャの生活』という講演を聞きに行きました。

 

 自分の場合、かなりシリアスに「正義とは何か」「人を助けるとはどういうことか」というのを描きたいので。

 国や地域が違っても、通用するような価値観を学びたいと思い、こういったイベントにも顔を出しています!!

 

f:id:tribraver:20180217120626j:plain

 次は2月3日の『まちだ〇ごと大作戦』にも行っていました。

 以前は「町田のローカルヒーローを作りたい」がやりたいことだったのですが。

 

 今は「一人でも多くの人に幸せになって欲しい」というのを活動をしてやりたいかと思っています。

 自分の場合「みんなの幸せ」より「目の前の一人一人の幸せ」を先に考えたいと思っているので。

 

 まあ、ヒーローを作っている人が、実際には人を助けないのでは話になりませんから。ここは人助け優先で行こうかと。

 

f:id:tribraver:20180217120956j:plain

 それと、その翌日には「まちだ男女平等フェスティバル」にも顔を出していました。

 

 自分のヒーローは、ローカルヒーローとして作っていたこともあり。主人公は定番の男性ヒーローなのですが。

 ライバルは女性ヒーローで。しかも「女性的なエピソード」というのをあまり入れない方向で作りたいというのがありまして。

 

 というのも。個人的に。

 男性ヒーローには「男性的なエピソード」を求めないのに。

 女性ヒーローの時だけ「女性的なエピソード」を求められるのが不満で。

 

 なので「女性的なエピソード」がないこと自体がメッセージ性として作りたいというのがあります。

 

 ちなみに。確かですが。

 英語圏でも〈女傑〉的なキャラクターはヒロインではなく、ヒーローと呼んでいるらしいですよね? 自分は英語は苦手なので、ちょっと調べただけなのですが。

 

f:id:tribraver:20180217121351j:plain

 そして最後に。2月6日には。

「観光まちづくりシンポジウム」にも行っていました。

 

 町おこしがメインではないヒーロー作品とはいっても。

 それはまあ、一応グッズ展開とか、予算も予定もないのに考えているぐらいなので。

 

 商品販売にしろ、あるいは映像化した際の撮影にしろ。

 町田市内で行えて、それが結果として観光に結びついたら……という考えはあります。

 

 まあ、現状だと協力者がほとんどおらず、予算もないので。

 何年後に叶うのかわかりませんが……諦めないで頑張ろうかと思っています!!

 

☆ブログを読んでいただき、ありがとうございます!! このブログやトライブレイバー制作プロジェクトの活動を他の人に広めていただけると、非常に嬉しいです!!☆