超伝神トライブレイバー制作プロジェクト

東京都町田市を舞台にしたローカルヒーロー『超伝神トライブレイバー』の制作プロジェクトのブログです!

今後の物語について

ストーリーの紹介

舞台は我々の世界(現実)へ

 

 どうも!! トライブレイバー制作プロジェクト窓井来足です!!

 

 前回は。

トライブレイバーの登場人物達は別の世界に住んでいて。

 彼らの力を使うためには、我々の世界(現実)ヒーロースーツを作ったり、ヒーローを多くの人に知ってもらう必要性がある。

 

 という設定を、活かして活動したいという話と。

 それを利用する形で考えているストーリーを次回の更新で紹介したい。

 

 という話をしました。

 

tribraver.hatenablog.com

 

 では、予定通り。そのストーリーを発表したいかと思います☆

 ただし、今後微妙に変わる可能性もありますが……ご理解ください。

 

〈あらすじ〉

 戦いの末〈邪龍〉の復活を阻止し、その復活を企てていた〈魔王〉とも呼べる存在の野望を打ち砕いた店屋 郷(たなや ごう)達。

 だが、その〈魔王〉の思念の一端は〈別世界(我々にとっての現実世界)〉に流れ着いていた。

 

 まだ〈魔王〉にとって脅威となる存在が不在なこの世界において。

〈魔王〉は力を蓄えて復活を目指すと共に、元いた世界で自分を倒した郷達に復讐を計画する。

 

 前回の事件で〈魔王〉に関して疑問を持つとともに、責任を感じていた境川の女神・高座 水槌(たかくら みづち)は。

〈魔王〉が何者であったのかを調べている最中に、彼の思念の一部が自分達とは別の世界に漂着したことに気がつく。

 

 だが、その世界には、自分達の力だけでは向かうことができなかった。

 

 結果として郷達は。

 その〈別世界〉の人間とコンタクトをとり。

 自分達がその世界に向かうために必要なもの――ヒーロースーツとヒーローの知名度、そして町田の文化や歴史を知ってもらう事――を用意してもらうことにする。

 

 そしてそのコンタクトをとった人間が私、窓井来足という事になるのだが……

 

 ……とまあ、作者が作者役で登場していますけれども。

 こんな感じになります。

 

 ただ、この段階で。

「水槌は何に責任を感じているのか」みたいな、部分もあって。

 

 この前日譚にあたるエピソードでもある「〈邪龍〉復活阻止と〈魔王〉討伐編」については。

 ところどころ、回想シーンなどで入れていきたいかと思っています。

 

 ちなみにその「〈邪龍〉復活阻止と〈魔王〉討伐編」についてはこちら。

 

tribraver.hatenablog.com

 

 と、こんな感じで。

 今後はこのストーリーを活かして、やっていこうかと思っています☆

 

 では、お楽しみに。

 

f:id:tribraver:20180408152955j:plain

 

☆このブログをブックマークに入れてくれたり、あるいはSNSなどで紹介していただけると、非常に助かります!!☆