超伝神トライブレイバー制作プロジェクト

東京都町田市を舞台にしたローカルヒーロー『超伝神トライブレイバー』の制作プロジェクトのブログです!

寺フェスに

ありがとうございました☆

自分の出店は終了……ですが

 

 どうも!! トライブレイバー』制作プロジェクトの窓井来足*1です!!

 

 今回は、町田市祥雲寺で開催された寺フェスに出店してきました!!

 主にヒーロー作品ではなく、窓井来足の別名である〈楽描屋・麦粒/麥龍〉の方で自作のイラストを利用したグッズを出していたのですが。

 

f:id:tribraver:20180919212646j:plain

 

 こちらのトライブレイバー』としては、設定やストーリー。

 それに加えて短編小説をつけた冊子を出していまして。

 

f:id:tribraver:20180922212600j:plain

 

 今回、読んでくださった方や買ってくださった方がいたので、出品して良かったと思います☆

 参加者、関係者、来場者の皆様、本日はありがとうございました!!

 

 さて、自分の出店はこの日だけなのですが。

 寺フェス自体は24日まで開催されているので。こちら引き続き、よろしくお願いします☆

 

 ちなみに、自分も月曜日には再び行く予定です☆

*1:まどいきたる

マスクの制作と

今週末の寺フェスに冊子を

冊子を出すのは初めてなので

 

 どうも!! トライブレイバー』制作プロジェクトの窓井来足*1です!!

 今回は、以前作っていたヒーローマスクやデザインのその後などについて、作中登場人物麻幌郷里*2とともに紹介したいと思います!!

 

【郷里】

 で、今は何をしているんだ?

 前に私のヒーローマスクやデザインを作っていたはずだが?

 

【窓井】

 ああ、それね。一応作ってはいるよ。

 

【郷里】

 一応?

 

【窓井】

 例えば、マスクについて。メットの形を作ろうと思って紙で工作したりとか。

  やってはいるんだけど……?

 

f:id:tribraver:20180917142135j:plain

 

【郷里】

 だけど?

 

【窓井】

 まだまったくもって未完成というか。

 そもそも、マスクの方はヒーローマスクという以前の、メット型の被り物の基礎を作りたいというのがあって。

 

【郷里】

 ん? 前に作っていたやつはどうしたんだ?

 たしか6月末には作っていただろう? あれは?

 

【窓井】

 ああ、あれ?

 あれはまあ見ての通り「ヘルメット」より「覆面」に近い、顔に密着する形状になっていて。

 本当はあれに厚さを増してメット型にしたかったんだけど。

 最初からメット型に紙で骨組みを組んでその間を埋めた方が早かったから、方向を変えました

 

【郷里】

 ふぅん、変えたんだ。

 

【窓井】

 まあ、より良い方法を考えたり、知ったりして、実際に試した結果やはりそちらの方が良いと判断したら、前の計画にこだわらず、そっちに変えた方がいいからね。

 とはいえ、写真のメット型の前面には、以前のマスク型紙を作った際に型取りした顔面の形状は利用しているから、完全に無駄だった訳じゃないんだけど。

 

 で、今は既に紙とガムテープで作った型の上に新聞紙貼って、更に紙粘土で整形してあって、ただし半分だけ。

 

【郷里】

 半分なのか?

 

【窓井】

 うん。とりあえず半分できればそれの形状をとって型紙にして。

 左右ひっくり返した型紙を組んで残りにすればいいし。

 

【郷里】

 なるほどな……で、他には何やっているんだ?

 確かキャラクターデザインの方も描いていた気がしたが。

 

【窓井】

 そっちは、郷里さんが変身するアナザーブレイバーの線画に試しに色を塗ったりしました。こんな感じに。

 

f:id:tribraver:20180917142017j:plain

 

 ただ、まだバイザーの質感とか。

 あるいは本来なら金属質な部分が白一色になっているとか。

 描きこみは甘いんだけど……。

 

【郷里】

 だけど? どうなんだ?

 

【窓井】

 そもそも全体的にあまりうまくいっていないところがあって。

 線画からもっと人間らしいフォルムに直そうかなぁ……と、いうか。

 

 ここまで説明はできるように描いたから、後は普通にイラスト的なのを描きたいというのも……ただ。

 

【郷里】

  ただ?

 

【窓井】

 今は今月22日に行われる寺フェスの準備が先かなぁ……。

 寺フェスにこの作品に関しては冊子を出したいし。ヒーロー以外に個人的にはポストカードやトートバッグを出すから、そっちを。

 

【郷里】

 そうか……もうイベントが直前か。

 ならマスクやイラストは後回しになるな。

 

 とはいえ、マスクとイラストの今後の予定を知りたいんだが。

 

【窓井】

 そうだね……。

 マスクについては10月末あたりに何か結果を一つ出したいというのがあって。

 イラストも10月中に1枚は描きたいと思っているので。

 

 よろしくお願いします☆

 

 【郷里】

 よし、わかった。

 じゃあ、10月末までにちゃんと何か形にしろよ。

 

f:id:tribraver:20180919212646j:plainちなみに寺フェスには、この作品の冊子以外はこのようなものを出す予定です☆

 

☆このブログを読んでくださっている方、ありがとうございます!! 今後もよろしくお願いします!!☆

 

 (この記事でブログ管理人と対談している麻幌郷里は架空の人物ですが、制作予定については実際に行っていきたいと考えています)

*1:まどいきたる

*2:まほろさとり

ここ最近の活動

制作者個人の活動ですが

色々と勉強させていただいています!!

 

 どうも!! トライブレイバー』制作プロジェクトの窓井来足*1です!!

 今回は、ここ最近の活動について報告を。

 と、言ってもまだヒーローとしての活動はほとんどなく、今回紹介するのも、私が個人的に参加したり、見に行ったというものなのですが。

 

 まず一つ目として虹色さざんか」さんの交流会に参加しました!! 

 こちらの団体はセクシャルマイノリティ当事者やその支援をしたい人の団体で。

 

 自分は以前、「まちだ男女平等フェスティバル」に行った際に。

 性の多様性を扱っていたのがこちらの団体だったので、そのまま顔を出すようになったという形で。

 

 自分自身はセクシャリティの方ではさほど悩みはないのですが。

 社会全体的に、男性側の悩みを相談できる場所が少なく、それを疑問に思っているので。

 その辺りで、共通する部分も多いと思っています。

 

 次に第32回フェスタまちだも見に行っていて。

 

 こちらはエイサーがあったり、東日本復興支援の関係で東北の名物なども販売しており。

 こういうところで、例えば他の地域のヒーローの方とイベントができたりしたら面白いかなぁ。などと考えていました。

 

 後、逆に例えば町田市と交流都市になっている沖縄市を舞台にした物語を。

 自分の作品で展開したい……とかもあります。

 

 最後に「町田市未来づくり研究所2018年度報告会」も聞きに行きました。

 

 自分の作品は。当初ご当地ヒーローとして作っていたものの。

 物語に民話や歴史にちなんだ要素が多数入っているのですが、あまり今の町の名物などを活かしているわけではないため。

 現在は町田市を舞台にした作品となっているのですが。

 

 ただ、例えば。

 この作品の登場人物が何かを宣伝するとか。

 あるいはこの作品を使って出た利益の一部を町の為に使用するとかならば可能ではないかと考えていて。

 今でも、こういった会に行って勉強をしていたりします。

 

 今回も、まだ自分が顔を出していない町田市内でのイベントやお店を知ったり。

 また、現在地域を活性化させるためには、どんなことが必要なのかといった知識が手に入ったので、とても良かったと思います。

 

 できれば、今回知ったイベントには行ってみたいかなと思っているので。

 そちらに行った際は、またよろしくお願いします☆

 

f:id:tribraver:20180917120008j:plain

 

 そして、町田時代祭町田まどかさんのパネルがぽっぽ町田に設置されたので。

 そちらも見に行ってきました☆

*1:まどいきたる

本を出してみよう

物語と設定について

小説版も検討中

 

 どうも。トライブレイバー』制作プロジェクトの窓井来足*1です!!

 

 さて、前回の記事で「物語や設定についてはまとめて公開したい」と書いたのですが。

 その一環として、今月の22日、町田市の祥雲寺で行われる「寺フェスにて。

 この作品の物語と設定を載せた本を出そうかと。

 

 寺フェスについてはこちら。

 寺小屋町田〜寺フェス町田〜

 

 本といっても自分で綴じた、いわゆるコピー本と呼ばれるものになります。

 ちなみに、表紙はこちらを使用予定で。

 

f:id:tribraver:20180907110359j:plain

 

 これは、以前展示したポスターを一部加工したものなのですが。

 

 今回はこの表紙に「全体的な物語と、作中設定」「作品内容と実際の町田市の関係」を説明したもの。

 

 更にできれば、かつて『超伝神トライブレイバー』のために書いた短編小説と、現在書いている外伝の序章をつけられれば……と、思っています。

 

f:id:tribraver:20180907111119j:plain

 

 また、この寺フェス。私、窓井来足自身は〈楽描屋・麦粒/麥龍〉の名前で。

 自分が描いたイラストを元にしたポストカードやトートバッグを販売する予定なので。

 こちらの方に興味がある方も、よろしくお願いします。

*1:まどいきたる

ヒーロースーツの進行状況

協力してくださった方に感謝

そして今後の予定も

 

 以前から進めていたヒーロースーツの制作について。

 今回HEROES’ LABO・シンさんに依頼していた鎧の部品が届きました☆

 

f:id:tribraver:20180907205218j:plain

 

 上の写真には既に受け取っていたマスクや、変身アイテムもあるのですが。

 こちらも「HEROES’ LABO・シン」さんに協力を依頼して制作しています。

 

 今回は装備の一部を制作していただいたのですが。

 実際に見てみると、とても良く、満足しています。

 

 実は、自分は「HEROES’ LABO・シン」さんにスーツ制作以外にも。

 活動に関してアドバイスなどを1年受けていて。

 

 依頼する前は「趣味でちょっとヒーローを作ればいい」ぐらいの気持ちでいたのが、このプログラムによって実際にスーツを作り始める事に踏み切り

 また、地元の活動や団体に、実際に参加するようになって人との繋がりを築くようになったのも、このプログラムのおかげだったりします。

 

HEROES’ LABO・シン」さん、そして代表の二階堂真悟さん。

 協力、ありがとうございました!!

 

HEROES’ LABO・シン」さんについてはこちらを是非、よろしくお願いします。

  HEROES'LABO・シン

 

 さて、今回は今後の制作についても少し。

 

 今後、ちょっと強気で参加者を募集したいかとおもっています。

 特にキャラクターイラストを描ける方を募集したいのですが。

 

 今まで、自分に実績もなく、また現在は作品制作で収入を得ているのですが。

 その収入も不安定なため、あまり積極的に募集をしていませんでした。

 

 が、やはりどうしてもヒーローを制作したく。

 一緒に制作しても良いという方がいれば、ぜひ協力して欲しいというのがあります。

 

 今回、主にキャラクターイラストを描ける方を募集したいというのは。

 スーツを制作するのには費用がかかり、文章だけだと目立たず宣伝ができないため。

 まず、イラストでポスターを制作したり、キャラクターが紹介できればというのがあるからです。

 

 とはいえ、この作品の内容自体が明確でないと困ると思うので。

 今後、物語や設定についてはまとめて公開したいかと。

 

 では、その際はよろしくお願いします。

蚕と産業と信仰と

 町は町と繋がっていく

糸と糸が絡まるように

 

 さて、最近は、物語としてのトライブレイバーを知ってもらいたく。

 短編の小説を宣伝にする目的も兼ねて書いているのですが。

 今回はそれについて、作中登場人物高座水槌*1と話し合おうかと。

 

 

【窓井】

 最近は、試しに小説版を書こうと思って、まずはスピンオフを書いているんだけどね。

 

【水槌】

 ふーん……って、〈まずは〉なのに、スピンオフ書いているの?

 

【窓井】

 まあ、既にこのブログでも言ったように、当初考えていた〈郷達の住む世界の町田市〉を舞台にした一連の話を第一部としたら。

 現在、このブログを含めてやっている〈読者から見た現実世界〉を舞台にした話は第二部なんだけど。

 

【水槌】

 なんだけど?

 

【窓井】

 第一部は、話が結構長くて、小説にしても長編になるし。

 第二部は、今後の実際の活動によって多少方向性が変わるから。

 

 第一部終了後から第二部開始までの間の話を書きたいかと思っていて、それだとスピンオフの方が書きやすかったというのがあって。

 

【水槌】

 つまり第1.5部ってこと?

 

【窓井】

 時系列的にはそんな感じ。

 ……で、更に話として、今回のテーマとして養蚕関連を扱いたいというのがあって。

 それだと主人公の郷より、識句*2の方が向いているかと。

 

【水槌】

 なるほどねぇ。確かに、あたしとくーちゃん*3で蚕に関する文化を調べたりしに出かけたことがあるけど。

 そういう奴を書くんだ。

 

【窓井】

 そう、まさにそういう話で。

 今回、個人的には常陸の国三蚕神社や金色姫伝説なんだけど。

 同時に八王子から横浜までの絹の道の方の話も書ければなぁ……と。

 

【水槌】

 ああ、あの時の旅ね……って。

 絹の道の方は町田市を通っているけど、三蚕神社は町田とあんまり関係ないじゃん。

 

【窓井】

 そのあたりだけど。

 このトライブレイバーは最初から主人公自身、町田と関連があれば、別の地域まで出かけていくことを考えていて。

 それこそ、できれば町田と友好都市になっている場所とか、あるいは町田ゆかりの人物に関連する地域とか

 

【水槌】

 オハイオ州オーバリン*4とかも?

 

【窓井】

 いや、確かにヒーロー制作に海外まで行けたら面白いとは思うけど、どうかなぁ?

 

 ……と、まあ。そんな感じで最初から町田だけを舞台にするつもりではなく。

 更に、主人公以外の登場人物は、かなり初期の段階から〈そのキャラクターのモチーフになったものにゆかりのある地域に出かける〉という話を書きたいとも思っていました。

 

【水槌】

 なんで?

 

【窓井】

 ローカルヒーローとして作っていた時に、考えたのが。

 

 そもそも地元だけで活動していても、地元を外に宣伝することにはならないというのがあって。

 結果として、町の宣伝を目的としていない現在でもこの作品では「別の地域と繋がる」というのも結構重要なテーマでになっていて。

 

 この辺りは、町田市の歴史から考えても、都市と都市を結ぶという要素があるから作品に取り入れたら面白いかなと。

 

【水槌】

 そういえば。

 主題歌の歌詞にも「このマチだけで終わらない無限の世界は絡み始めて」というのがあったっけ?

 

【窓井】

 うん。まあ、あの主題歌も。

 過去と未来を繋ぐとか、人と人を繋ぐ、それに加えて町と町を繋ぐという要素が結構入っているけれど。

 この作品のテーマがそういう方向なんだよね。

 まあさらに、ここに並行世界が繋がるというのも入ってくるんだけど。

 

tribraver.hatenablog.com主題歌についてはこちら

 

  と、言うわけで、この作品はかなり早い段階から「他の地域と繋がりを持つ」というのをテーマにしていたので。

 今回は、そっちにも力を入れようかなぁ……と。

 

【水槌】

 そんなこと言って。

 本当はヒーローより女子二人旅が描きたいからスピンオフ書いているってことは?

 

【窓井】

 それはない……とは言えないかも

 

【水槌】

 言えないんだ!!

 

【窓井】

 まあ、それは冗談として。

 これから先、スピンオフ関連の方も進めていく予定なので。

 よろしくお願いします。

 

【水槌】

 とはいえ、ちゃんと本編も作っていくからね~。

 

 

☆このブログを読んでくださっている方、ありがとうございます!! 今後もよろしくお願いします!!☆

 

 (この記事でブログ管理人と対談している高座水槌は架空の人物ですが、予定は実際に実行するつもりでいます)

 

f:id:tribraver:20180905203601j:plain

実は、前に描いた線画に色を付けたりしているのですが……それはまたの機会に。

*1:たかくらみずち

*2:桑林識句(くわばやししるく)。カイコガを模した怪人に変身できる女子高生

*3:識句の事

*4:町田市に本部のある桜美林大学創始者清水安三が学んだオーバリン大学がある。桜美林の名前の由来もその大学からだという

版画美術館に行く

多種多様な作品を

そして繭玉をテーマにした作品も

f:id:tribraver:20180829221657j:plain

 

 どうも、トライブレイバー制作プロジェクト窓井来足*1です!!

 昨日は町田市立国際版画美術館に行ってきました!!

 

 現在開催されている企画展は、開始から2か月近く経っており、9月2日に終了してしまうのですが。

 ようやく行ってきましたという感じです。

 

 さて、今回の企画展。

 まずは『版画キングダム 古今東西の巨匠*2が勢ぞろい!』

 

 この企画展はタイトルに巨匠とあるように、美術の教科書にも載っているような有名な画家の作品も多く展示されていて。

 また、古今東西というだけあって、展示には世界最古の印刷物ともいわれる奈良時代の「百万塔陀羅尼」から、西洋の現代アートまで、様々な時代のものがあり。

 

 おそらく、夏休みシーズンという事で、小学生でも教科書などで馴染みのあるような画家の作品を多めに展示したり。

 あるいはわかりやすい展示を心掛けたのだと思うのですが。

 当然、大人の美術ファンも楽しめるものになっていました。

 

 個人的には、文学なども好きなので。

 版画が本やポスターにも使われていた関係で、本の挿絵など、そういう関連の展示もあったのが、興味を持ちました。

  

 次に「インプリントまちだ展」の展示。

 これは2020年に向けて2017年から4年間にわたって開催されているものの一つで。

 

 今回は荒木珠奈さんの作品を扱った『記憶の繭を紡ぐ』というものでした。

 

 テーマとして「生と死」というものを扱っている作品を作る作家さんらしく、自分もそういうテーマは好きなので、そこに興味を持ったことや。

 

 僕自身、このブログで紹介しているヒーロー作品トライブレイバーでも。

 蚕をモチーフにしたキャラクターを登場させているように、養蚕には主に文化的な面で興味があり

 

 また、カイコガやヤママユガの成虫の見た目が好きなので、蛾の繭というのも気になるモチーフで。

 その点でも作品はとても面白かったです。

 

 それと、今回の作品展の解説の中に出てきた金色姫伝説は。

 最近、たまたま読んだ蚕の本に常陸の国三蚕神社などと一緒に紹介されていて。

 現在、それを扱った作品を書きたいかと思っていたところなので、これにも興味を持ちました。

 

 最後に。

 今回、常設展の方では深沢幸雄さんの作品が展示されていたのですが。

 これが結構自分の好きな作風で。

 

 自分自身が良く描くモチーフにデフォルメされた顔や、顔の一部。

 あるいは顔のように見えるものなどがあるのですが。

 今回展示されていた、深沢幸雄さんの作品にはそういったものもあったので。

 

 何か、惹かれるものがあった感じでした。

 

 さて、企画展については。

 9月15日から『ヨルク・シュマイサー 終わりなき旅』というものが開催されるらしく。

 これも気になるなぁ……と、思っています。

 

 ちなみに、美術館内の喫茶店「けやき」では。

『版画キングダム 古今東西の巨匠が勢ぞろい!』と『記憶の繭を紡ぐ』それぞれに合わせたメニューが出ているのですが。

 

f:id:tribraver:20180829221725j:plain

 

 自分は、かき氷の方をいただきました。

*1:まどいきたる

*2:〈キング〉とフリガナが振ってあります