超伝神トライブレイバー制作プロジェクト

東京都町田市を舞台にしたローカルヒーロー『超伝神トライブレイバー』の制作プロジェクトのブログです!

1月から2月中旬までの活動報告!!

色々顔は出しています!! 一応

あくまで私的に……ですが

 

 どうも! トライブレイバー制作プロジェクトの窓井来足(まどいきたる)です!!

 

 このプロジェクトで制作している『トライブレイバー』。

 元はローカルヒーローという目的で制作していましたが。

 

 所謂、町おこしなどが目的の作品ではないため。

 現在は東京都町田市を舞台にしたヒーロー作品」というコンセプトで制作しています……が。

 

 だからといって、地元で活動しないわけではなく。

 いくつかのイベントに、制作者が私的にですが行っていました!!

 

 では、その紹介を。

 

f:id:tribraver:20180217113457j:plain

 まず、1月13日にはまちだ中央公民館での『カメラマンが見たロヒンギャの生活』という講演を聞きに行きました。

 

 自分の場合、かなりシリアスに「正義とは何か」「人を助けるとはどういうことか」というのを描きたいので。

 国や地域が違っても、通用するような価値観を学びたいと思い、こういったイベントにも顔を出しています!!

 

f:id:tribraver:20180217120626j:plain

 次は2月3日の『まちだ〇ごと大作戦』にも行っていました。

 以前は「町田のローカルヒーローを作りたい」がやりたいことだったのですが。

 

 今は「一人でも多くの人に幸せになって欲しい」というのを活動をしてやりたいかと思っています。

 自分の場合「みんなの幸せ」より「目の前の一人一人の幸せ」を先に考えたいと思っているので。

 

 まあ、ヒーローを作っている人が、実際には人を助けないのでは話になりませんから。ここは人助け優先で行こうかと。

 

f:id:tribraver:20180217120956j:plain

 それと、その翌日には「まちだ男女平等フェスティバル」にも顔を出していました。

 

 自分のヒーローは、ローカルヒーローとして作っていたこともあり。主人公は定番の男性ヒーローなのですが。

 ライバルは女性ヒーローで。しかも「女性的なエピソード」というのをあまり入れない方向で作りたいというのがありまして。

 

 というのも。個人的に。

 男性ヒーローには「男性的なエピソード」を求めないのに。

 女性ヒーローの時だけ「女性的なエピソード」を求められるのが不満で。

 

 なので「女性的なエピソード」がないこと自体がメッセージ性として作りたいというのがあります。

 

 ちなみに。確かですが。

 英語圏でも〈女傑〉的なキャラクターはヒロインではなく、ヒーローと呼んでいるらしいですよね? 自分は英語は苦手なので、ちょっと調べただけなのですが。

 

f:id:tribraver:20180217121351j:plain

 そして最後に。2月6日には。

「観光まちづくりシンポジウム」にも行っていました。

 

 町おこしがメインではないヒーロー作品とはいっても。

 それはまあ、一応グッズ展開とか、予算も予定もないのに考えているぐらいなので。

 

 商品販売にしろ、あるいは映像化した際の撮影にしろ。

 町田市内で行えて、それが結果として観光に結びついたら……という考えはあります。

 

 まあ、現状だと協力者がほとんどおらず、予算もないので。

 何年後に叶うのかわかりませんが……諦めないで頑張ろうかと思っています!!

 

☆ブログを読んでいただき、ありがとうございます!! このブログやトライブレイバー制作プロジェクトの活動を他の人に広めていただけると、非常に嬉しいです!!☆

今年最初の!!

あけましておめでとうございます……

って、もう1月下旬!!

 どうも! トライブレイバー制作プロジェクトの窓井来足(まどいきたる)です!!

 

 実は。

 年末年始、かなりドタバタしていまして……。

 

 本来なら早めに更新したかったのですが。

 ちょっと遅くなりました!!

 申し訳ありません!!

 

 で、まず昨年末から。

 私的に大阪に行っていまして。

 

 その際に。

 トライブレイバーのマスクも持って行っていました!!

 

f:id:tribraver:20180122231947j:plain

写真撮っていただいたのですが。寒くて顔が酷いことに……

 

 何故、東京都町田市のローカルヒーローの予定で作っていたヒーローなのに、大阪にマスクを持って行ったかといえば。

 

 まず『トライブレイバー』の主人公、店屋 郷(たなや ごう)そもそも町田出身の旅人で。

 物語開始時は旅先で、事件に巻き込まれた結果、一度地元に帰ってきているという人物である事。

 

 さらに。

『超トライブレイバーの世界におけるローカルヒーロー*1は。

「そのヒーローの地元に対して、愛着を持ってくれている人が多い地域では活躍できる」というのがあるので。

 町田以外の地域に町田を宣伝しに行くという事も考えていて。

 

 結果としてトライブレイバーというヒーローは町田市以外でも活躍するヒーローという事になっていたりします!!

 

 で、この際。

 親切な人に、マスクを持った状態で撮影してもらいまして。

 

 結果的に「マスクの正面を相手に向け、笑顔で接すれば話を聞いてくれる人もいる」と気が付きました……が。

 何せ寒かったので。残念ながら、それを実行して宣伝するのはちょっと延期になっちゃいました☆

 

 まあ、次回以降ですね。それは。

 

 次に1月1日。初詣に。

 町田市にある東京都で唯一だという淡島神社に行っていまして。

 

f:id:tribraver:20180122232353j:plain

 

 この際はマスクではなく、変身アイテムのトライブレスレットの方を持って行っています☆

 ええと、実はこれも先の大阪にも持って行っていたのですが。

 この時はまだ腕に取り付けるシステムを開発しておらず……という感じです◇

 

 ちなみに。このトライブレスレット。設定上は。

 

 通常は一般的なアクセサリーの腕輪程度のデザインと大きさで。

 郷が変身する際に、この写真の形状になるという……で、更に。

 

 戦闘時は、の代わりとしても使えるので。

 トライブレイバーの武器を持った戦闘スタイルは、片手剣〈トライブレイド〉とこのトライブレスレットを盾として使うというものになる予定です!!

 

 また。

 これに対して、ライバルであるアナザーブレイバーは。

 両手持ちの大剣〈トライハンダーを使用しまして。

 

 まあ、この名称は「人間なら三本腕がないと振り回せない重量武器」という意味で。

 アナザーブレイバーはそれを場合によっては片手で振り回すのですが……。

 

 この辺りの話も。

 近いうちにできたらとは思います!!

 

 では、今度はちょっと早めに更新するので。

 今後も、よろしくお願いします☆

 

☆ブログを読んでいただき、ありがとうございます!! このブログやトライブレイバー制作プロジェクトの活動を他の人に広めていただけると、非常に嬉しいです!!☆

*1:世間一般のローカルヒーローというよりは、作中用語としての〈ローカルヒーロー〉です

主題歌も作っていますよ!!

すでに作曲していただいていたり!!

タイトルは『BLUE BIRD』!!

 どうも! トライブレイバー制作プロジェクトの窓井来足(まどいきたる)です!!

 さて、タイトルの通りなのですが、その前に連絡を。

 

 現在、僕(窓井来足)は〈麦粒〉の方の名称で、2か所の作品展で展示させていただいています!!

 展示していただいている作品はこのトライブレイバー』とは直に関係ありません……

 

 『トライブレイバー』の作中登場人物に一人、画家のキャラクターがいるので。

 彼あるいは彼の知りあいの手掛けた作品などという形で登場させる……かもしれません。

 

mugiryu.hatenablog.com

mugiryu.hatenablog.com

 

 僕の個人的な活動報告のブログの方での紹介記事はこちらになります!!

 見に行っていただける方は、是非、よろしくお願いします!!

 

 さて、今回は主題歌の紹介を。

 曲のタイトルはBLUE BIRDで、これは当然、町田市の鳥であり、トライブレイバーの3つのモチーフの一つでメインモチーフでもあるカワセミから来ています!!

 ただ、カワセミから『BLUE BIRD』というのはそのまま過ぎるので、もしかしたら多少変更させるかもしれません。

 

 そして、この曲。

 なんとすでに作曲していただいています!!

 

 僕自身は作詞は趣味で何度かしたことがあるのですが。

 作曲はしたことがなく、それどころか音楽的知識はほぼ皆無という状態で。

 そんな時、かつて知り合った方の中に音楽活動をしている方がいて、その方に相談したところ。

 

 その方、三留章嗣さんが作曲を引き受けてくれました!!

 三留さん、ありがとうございます!!

 

 で、曲については……

 こちらになります!!

m.youtube.com

 

 現在でもかなりクオリティが高い思っているのですが。

 どうやらさらに手を加える可能性もあるという話で……どうなるかはご期待ください!!

 

 で、僕の方は作詞をしたのですが。

 こんな歌詞になります!!

 

BLUE BIRD

(作詞:窓井来足、作曲:三留章嗣)


〈1〉
ここが始まるマチだから――

 

空、吹き抜ける風、君に語り始める
この街の記憶、今、そして未来(アス)の夢を

忘れられてく、かつての想い
今、甦り、次に進むのさ

青い鳥は天空舞って、緋色の衣大地に輝く
大樹がそよぎ木漏れ日落とす このマチだから

終わりなき物語 過去から未来(ミライ)へ

描き続ける 果てしない神話

 

そう、そしてその先へ――

 

〈2〉
空、駆け抜ける風、君に教え始める
この街の人の、今、そして明日の声を

繋がっていく、外の世界と
今、解き放ち、共に進もう

青い鳥は流れ抱きしめ、緋色の衣大地に微笑む
大樹はそよぎ歌を奏でる このマチだから

続いていく物語 此処から彼方へ

歩み続ける、果て無き旅路

 

そう、そしてその先へ――

 

〈3〉
このマチだけで終わらない
無限の世界は絡み始めて――

青い鳥は天空舞って、緋色の衣大地に輝く
大樹がそよぎ木漏れ日落とす このマチだから

終わりなき物語 過去から未来(ミライ)へ

描き続ける 果てしない神話

 

そう、そしてその先へ――

 

 いかがでしょうか?

 この曲はローカルヒーローとして計画時から主題歌のイメージで制作していて。

 あえてステレオタイプのヒーローソングではない曲にしてあります*1

 

 が、当時から主題歌は2あり。

 もう一つの方はタイトルもそのまま「トライブレイバー!」で。

 歌詞中ではっきりと「町田」「超伝神トライブレイバー」といっているタイプでした。

 

 で、路線が「町田を舞台にしたヒーロー作品」とローカルヒーローではない方向に変わった現在そちらのバージョンは。

 主人公たちが作中作として行うヒーローショー版『トライブレイバー』の主題歌にしたいかと思っています。

 

tribraver.hatenablog.com

 既にこの記事の際に書いたようにトライブレイバーの戦う力は「街の人々が町田を想う気持ち」なので。

 結果として町田の宣伝の為に、作中では本物であるヒーローが、ヒーローショーもしていて。

 

 なのでもし仮に現実世界*2でヒーローショーをした場合。

 たとえヒーロースーツが作り物でも、それは「本物のヒーローがショーのために変身する訳にもいかないからスーツを着ている」という事になります。

 まあ、そうしないとヒーロースーツの制作とかをブログで載せているのに「本物のヒーローです」というのも違和感があるので。

 

 と、今回はこんな感じなのですが。

 今後、できれば今年中にまだ未紹介だったヒーローのデザインや、他の登場人物もブログで紹介していくので。

 よろしくお願いします!!

 

f:id:tribraver:20171206122557j:plain

まだまだいろいろと……あります!!

 

☆ブログを読んでいただき、ありがとうございます!! このブログやトライブレイバー制作プロジェクトの活動を他の人に広めていただけると、非常に嬉しいです!!☆

*1:まあ、平成以降の特撮ヒーロー作品などにはこの手の〈典型的なヒーロー主題歌ではない曲〉も多いのですが

*2:僕の場合、これはあくまで〈我々の住む世界〉という意味で。ヒーローのいる世界は彼らにとっての現実だと思っています

再び怪人デザインを

西洋由来のイベントも扱おうかと

 どうも! トライブレイバー制作プロジェクトの窓井来足(まどいきたる)です!!

 今日はハロウィンということで、前回のお月見の時のように怪人のイラストを描いてみました!!

 

f:id:tribraver:20171031111537j:plain

 こちらになります!!

 

 前回の記事で怪人のイラストについて「西洋などから入った、日本では比較的新しい行事も含まれる予定」と書いたのはあの段階で、すでにこれを描き始めていたからなのですが。

 同時に前回も書いたように僕自身がイラスト専門の人間ではないので、構図がほとんど同じになっていたりもします。

 

 構図については全身を入れたもの(特に手や足の先)や、正面ではないものも練習はしているのですが。

 練習して描いているものをすぐに実際の作品に活かせるわけではないので。

 当面はここまでではないとしても単純な構図になるのではないかと思っています。

 

 で、今回のモチーフはジャック・オー・ランタン、吸血鬼、ミイラ、魔法使い、骸骨になるのですが。

 ジャック・オー・ランタンは元々カブで作られていたため、顎髭にカブを利用していたりしまして。

 

 また、骸骨なのはハロウィンの仮想の定番であると同時に、11月1日前後にメキシコである〈死者の日〉のイメージだったりもします。

 

 ただ、描き上げたあと気が付いたのですが。

 隻眼で魔法使いの帽子だと北欧神話オーディンを連想されそうですが、ハロウィンのであるサウィン祭ケルトの祭りで。

 日本だとルーン文字の関係でごっちゃに扱われることが多いため、間違えてモチーフにしたと思われるのでは……とも思っています。

 

 この辺りは自分の専門ではないので、下手に書くと間違えそうですが。

 知りたい方はネットで調べても多少は出るし、そういった本(北欧神話ケルト神話ルーン文字など)を読むとより詳しく書いてあると思うので。

 よろしくお願いいます。

 

 ただ、隻眼の魔法使い、あるいは片目が邪眼などになっている魔法使いは定番なので、今回はそのイメージで描いたということだったりします。

 

 あと、やろうと思えばカボチャに傷をつけたり、ボルトを描いたりして〈フランケンシュタインの怪物〉要素も入れられたのですが。

 それを入れると今度は「人狼要素がない」とか、いろいろありそうなのでやめたというのもあります。

 

 ただ、フランケンシュタインの怪物については、伝説や民話に登場する怪物や妖怪と違って、200年程度前*1の小説の怪物が、定番の怪物となっているのは個人的に面白いと思っているので。

 ちょっと入れるべきだったか……というのはあります。

 

 まあ、この面白いという点では、ハロウィン自体。

 元がケルトの祭りだったのがキリスト教に入り、そのまま広まり、最終的に日本でコスプレをする祭りに変わっているという流れが個人的には非常に面白いと思っていて。

 最後の部分が商業関連ではないかとはいえ、商売もまた文化なので……。

 この辺りの新しい歴史まで含めて調べたら、祭りがどう広まるか、わかるのではないか……とも思っています。

 

 と、まあこんな感じで。今回はハロウィン怪人についてでした!!

 では、また何かあったらこのブログで紹介したいと思います!!

 

☆ブログを読んでいただき、ありがとうございます!! このブログやトライブレイバー制作プロジェクトの活動を他の人に広めていただけると、非常に嬉しいです!!☆

*1:丁度、来年が出版されてから200年で、書き上げた時期ならば今年がまさに200年だったそうです

今日はお月見なので

試しにこういう事も

怪人デザインを載せるのは初

 どうも! トライブレイバー制作プロジェクトの窓井来足(まどいきたる)です!!

 本日10月4日は〈中秋の名月〉いわゆる〈お月見〉という事で。

 ウサギ、あるいは月をモチーフにした怪人を描いてみました!!

 

f:id:tribraver:20171004160227j:plain

 

 こちらになります!!

 ちなみに右下の(mugiryu)とは、僕がイラスト関連では使用しているハンドルネーム〈麦粒(むぎりゅう)〉の事です。

 

 今まで、基本的に「町田市のローカルヒーロー」のつもりだったので。

 町田で特に力を入れている行事でない限りは、怪人などのモチーフにしないつもりだった事や。

 ストーリーに直にかかわるヒーローや怪人以外はそもそも考えていなかったのですが。

 

 前回報告したように活動方針を「町田市を舞台にしたヒーロー作品」に変更したので。

 全国規模で行われている行事由来のヒーローや怪人を、特に物語に登場させる予定がないものでも、デザインして載せていこうと思っています。

 ちなみに、この行事には日本古来のものだけでなく、西洋などから入った、日本では比較的新しい行事も含まれる予定なのですが……それはまあ、お楽しみに。

 

 ちなみに、この怪人。

 武器として〈空中を浮遊し、自分の意志で操れる、白あるいは銀色の宝玉〉と〈杵を連想させる大槌を想定していて。

 宝玉からの光線、大槌による打撃の他、宝玉を大槌で叩いて飛ばすという技も考えています。

 まあ、この怪人が実際に何かで登場する予定はないのですが……考えるだけならタダなので。

 

 それと。

 現状だと描いている僕はヒーロー、怪人のイラストが専門ではないので。

 イラストが似た構図ばかりになってしまうかと思います。

 本当はちゃんとしたイラストが描ける協力者がいたらよいのですが……まあ、今後に期待です*1

 

 と、まあこんな感じで。今回はウサギ怪人についてでした!!

 では、また何かあったらこのブログで紹介したいと思います!!

 

☆ブログを読んでいただき、ありがとうございます!! このブログやトライブレイバー制作プロジェクトの活動を他の人に広めていただけると、非常に嬉しいです!!☆

*1: ちなみに、一応補足しておくと。練習としては全身図や、複雑なポーズも描いています

プロジェクト名変更のお知らせ

〈超伝神トライブレイバー制作プロジェクト〉へ

それとストーリーのテーマについて

 どうも。町田市ローカルヒーロープロジェクトの窓井来足(まどいきたる)です!!
 が、今回の記事で、この名乗りも終了。あるいは少なくとも当面はしないかと思います。

 

 何故なら。
 ここしばらく〈町田市ローカルヒーロープロジェクト〉として実際にあちこちに行って活動していたのですが。
 その結果感じたことから、今後このプロジェクトは〈トライブレイバー制作プロジェクト〉に改名することに決定したからです。
 ただ〈町田市ローカルヒーロープロジェクト〉を続けないかと言えば「あくまで〈町田のローカルヒーロー〉を作りたい」という方がいたら、内容次第では協力したいと思っています。

 

 では、何故〈町田市ローカルヒーロープロジェクト〉から〈超伝神トライブレイバー制作プロジェクト〉に改名したかといえば。
 自分のヒーローの目的はあくまで「町田の文化伝統、歴史を伝える、広める」であって「地域活性化」ではないからです。
 この辺りもあって、最近制作に疑問を感じ、ブログ更新が滞っていたというのもあるのですが……楽しみにしてくださっていた方、申し訳ありません。

 

 つまり。文化伝統、歴史を伝え広めた結果、地域が活性化したならいいですが、地域活性化は最終目的にはしていないという事で。
 ローカルヒーロー、あるいはご当地ヒーローと言っても別段、地域活性化が目的はない作品もあるのですが。
 やはり〈町田市〉と名乗っていると〈市の活性化〉と結び付けられるので、当初の目的とは違うイメージを持たれるかと思い、変更することにしました。

 

 また、先の「町田市のローカルヒーローとして。
 以前から「『トライブレイバー』の物語は、活性化にはやや暗い」と感じていて。
 代案として町田市は市の活性化のために、各団体(あるいは個人)がヒーローを制作して、それをスポーツとして戦わせるという企画を計画している」という設定で物語を作り。
 トライブレイバーに関しては「『トライブレイバー』という作中作のヒーローをモデルに作ったヒーロー」という扱いで出演させてはどうか? 
 とも考えています。

 

 こちらの〈各団体や個人がヒーローを〉というアイディアだと。既にヒーローを作っている方や、あるいは自分でオリジナルのヒーローを持ちたい方も参戦できる
 団体や個人が持つヒーローのデザインが〈自分の団体(個人)あるいは活動内容にちなんだイメージ〉などの直接的に町田由来ではないデザインでも参加できる。
 またあくまで戦いの舞台が町田にあるというイメージなので。他の地域からの参加もできる。
 さらに、スポーツではなく例えば「料理対決」や「ゲーム対決」などや、同じスポーツでもサッカーダンスのように格闘技などではない戦いもできる。
 という利点もあります。

 

 ただ、私自身がこの企画に関わるかは未定で。
 場合によっては〈この企画を実際に実行するのは構いませんが、私は直接的には関わりません〉という可能性もあります。

 

 さて、次に。

 既に「『トライブレイバー』の物語は活性化のためのヒーローとしては暗い」という話をしましたが。

 そのストーリーについて。

 このトライブレイバー』の話の中心にいる3人の共通テーマは〈正義〉と〈自己犠牲で。


 一人は〈正義のためなら自分の身体、さらには命さえ犠牲にする〉、一人は〈正義のためなら自分の心を犠牲にする〉、最後の一人は〈既に他人の正義のために犠牲になっている〉
 という登場人物だったりします。

 

 さらにここにそれぞれの正義の価値観の違いが入り。
〈みんなのために自分を犠牲にするのが正義〉〈身近な人を護る事が正義であり、世間にとっては悪でも構わない〉〈正義というのは他者を利用するための奇麗事〉という意見をそれぞれ持っていて。


 テーマとしては面白いと思うのですが。

 個人的には〈ローカルヒーロー〉〈ご当地ヒーローのイメージとは違う気もしています。
 この辺り、ヒーロー作品が好きな方だと「このぐらいの話はよくある」と理解していただけるのですが……。

 流石にこれが「みんなに好かれるヒーロー」かと言われると疑問です。

 

 ただ、最後まで悲惨な話にはならない予定で。一応、救いがある方向で進めていきたいと思っているので。
 その辺りはよろしくお願いします。

 

 それと最後に。
 今後、例えばイメージイラストや設定などのうち〈使わなくても作品が成り立つ〉ような〈遊び〉的要素は多少公開していこうかと。

 

 例えば現実の町田市には既に〈ご当地萌えキャラ〉〈ご当地ゆるキャラ〉や〈ご当地アイドル〉もいる*1のですが。作中にそのまま出す訳にはいかないので。
 作中には作中オリジナルのご当地萌えキャラやご当地ゆるキャラ、ご当地アイドルがいまして――この辺りは完全に遊び要素です。


 例えば〈主人公のキーホルダーがご当地萌えキャラ〉とか〈ヒロインの好きなアイドルがご当地アイドル〉みたいに間接的に登場はしますが、直にそのキャラクターが何かをする訳では今のところないという……。

 

 ただ、この程度だと後々変更は効くので、結果逆にこのブログで紹介したりしようかと思っています。


 というわけで、今後もよろしくお願いします!!

 

〈いつも応援ありがとうございます!! この記事を他の方にも紹介していただけると、非常に嬉しいです!! よろしくお願いします!!〉

*1:個人的には応援しているものの、許可を取らずに使うのは問題があるので。一番良いのは許可を取った上で公式に使える事ですが……

トルコ料理の講演会!!

「どこが世界三大料理?」 ~トルコの食文化とその成り立ち~

町田国際交流センターのイベント

 

 どうも! 町田市ローカルヒーロープロジェクト窓井来足(まどいきたる)です!! 

 

 この日は町田国際交流センターのイベントとして開催されていた、エルダル・キュチュクヤルチュンさんを講師とした「どこが世界三大料理?」 ~トルコの食文化とその成り立ち~という講演会を視聴しに行ってきました!!

 

 自分が制作しているのは町田市のローカルヒーローですが。

 町田だけでなく他の地域ともつながりを積極的に持ちたいと思っていて、その〈他の地域〉には海外まで考えていたりします。

 

 もちろん、実際に海外に行って何かできるのかといえば……やってみたいですが今すぐとは言えないところですが。

 逆に、町田市に来ている外国の方とは何かしてみたいというのはありますね。

 日本の変身ヒーローというのは、かなり独自のものなので、外国の人に是非知ってもらいたいというのもありますし。

 

 で、今回はそういう事と。

 何より僕自身が料理と外国の文化に非常に強い興味を持っているので行ってみたのですが。

 とても楽しめました!!

 

 で、ローカルヒーロー制作プロジェクトとして今回一番印象に残ったのは。

 講師の先生がトルコ人でも知らないトルコ料理の事を「大きな宝」と表現したことで。

 

 料理に限らず、文化伝統を宝とするのなら。

 今自分たちが作っているローカルヒーローは、地元の人があまり知らない「大きな宝」を発掘する作業のようなものなので。

 ここにはとても共感できたという事です。

 

 というわけで、今後もこの「宝」を探して、みんなに広める作業を頑張っていこうと思っています!!

 応援、よろしくお願いします!!

 

☆ブログを読んでいただき、ありがとうございます!! このブログや町田市ローカルヒーロープロジェクトの活動を他の人に広めていただけると、非常に嬉しいです!!☆