超伝神トライブレイバー制作プロジェクト

東京都町田市を舞台にしたローカルヒーロー『超伝神トライブレイバー』の制作プロジェクトのブログです!

キャラクター三名による自己紹介(その1)

今回は主人公、ヒロイン、ライバルに

司会は窓井来足が務めさせていただきます

 

――というわけで、今回は〈部屋〉トライブレイバー』主人公、ヒロイン、ライバルの三名「店屋 郷、高座 水槌、麻幌 郷里*1に集まっていただきました。

 

【店屋 郷】

 いや「というわけで」って言われてもな。読者からしたら俺たちが何でここに集められたか……っていいうか、ここがどこかさえわからなくねぇか?

 

【麻幌 郷里】

 というか、私の場合。名前さえ今までこのブログでは紹介されていないのだが?

 

【高座 水槌】

  いやいや、ってか。

 主人公は郷君だと思うけど。あたしとさとりん*2どっちがライバルで、どっちがヒロインなワケ? 恋とかそっち系の意味でヒロインなら、むしろくーちゃん*3呼んできた方がよかったよね?

 

【郷】

 識句? 何? あいつ、好きな男子とかいるの?

 

【水槌】

 ……いや、別に。そうじゃないけど。どっちかと言えば……っていうか。

 

――ええと。作者的には物語序盤は郷里さんがライバル、水槌さんがヒロインで。

 ただまあ、ほら。誤解とか裏切りとか、色々……。

 

【郷里】

 話を説明するとネタバレになるが、ネタをばらさないとどんな話か説明できない

 物語を紹介する際の辛いところだな……。

 

【水槌】

 映画みたいに「とりあえず見せ場だけドーン!!」とか、できればいいのにねぇ。

 

【郷】

 物語の説明も大事だけどよ。

 そろそろ、ここがどこで、俺たちは何で集められたかってことを説明した方がいいんじゃねーか?

 わけわからない事ばかり書いていると、読者が飽きるかもしれねーぜ?

 

――やけに〈読者〉を意識するねぇ。郷は。

 

【郷】

 ま、まあ。ほら、ヒーローの活動の事、宣伝しねぇと。

 このブログ読んでいる〈読者のいる世界〉で俺たちがヒーローとして活躍できない*4じゃねぇか。

 

【郷里】

 などと言っているが。

 

【水槌】

 単に自分のカッコいいところ見せて、人気者になりたいだけである。

 

【郷】

 い、いや。ちげぇよ。うん。

 ……というか、それはベンテン様*5の方だろ。

 

【水槌】

 堅苦しいなぁ。ここではみーちゃんと呼べ。

 そうしないと可愛くなくて〈ローカル萌えキャラ*6としてあたしの人気が出ないからね。

 

【郷】

 やっぱり自分を売り込みたいんだ。この神(ひと)。

 

【水槌】

 キャラとしてあたしの人気が出れば、お供え物として、地元名産のお酒とか、沢山貰えるかもしれないじゃん。いや、いっそお酒のPRキャラに……。

 

【郷里】

 随分と欲深い神様だが、神様なんて実際そんなものかもな。

 

――と、こんな感じで。

 キャラクターによるトーク形式で作品紹介とか、町田市の紹介をしてもらおうかと思い。

 今回はまず3人に〈郷達の住んでいる世界〉と〈読者や作者の住んでいる世界〉の狭間にある〈どの世界からも独立した部屋〉に来てもらっていたわけだが。

 

【郷】

 わけだが?

 

――あまり長くなると、読者も疲れるだろうから、自己紹介とかはまあ。

 次回に続くってことで!!

 

【郷】

 おい!! 何が「ことで!!」だ!

 勢いで終わらせr……

 

 〈次回に続きます

 

f:id:tribraver:20180427155904j:plain

(この記事はフィクションです)

*1:たなや ごう、たかくら みずち、まほろ さとり

*2:郷里の事

*3:桑林識句(くわばやし しるく)の事。読者を意識せず容赦なくあだ名で呼ぶ水槌である

*4:理由はこちらを参照

*5:水槌の事。彼女の正体は川の神であり、高座 水槌は人間としての仮の名前である

*6:彼女はローカル萌えキャラではない。あくまで〈自称〉である。念のため